ネイルサロンを選ぶときは情報収集から始めよう

それぞれに特徴がある

ネイルアート

ネイルは爪に様々なデザインやアートを施して綺麗に見せるものです。女性なら誰もが一度はネイルをしてみたいと考えるのではないでしょうか。爪が綺麗になると見た目も美しくなれるだけでなく、気分も上がって毎日を楽しく過ごせるようになれると言われています。ネイルをしてもらうには、サロンに通うことが一般的となっています。サロンの数も年々増えてきており、とてもたくさんの店舗が誕生しています。店舗によって行われている施術内容やサービスにも違いがあります。そのためサロンに通うときには、いろんなお店を比較してみることが大事になるのです。デザインの技術や料金設定も店舗ごとで違ってきますので、しっかり把握しておきましょう。

ネイルの種類はいろいろなものがあります。代表的なものがネイルポリッシュ、ジェルネイル、スカルプチュアといった種類になります。ネイルボリッシュというタイプのものは、一番手軽にできる方法です。ネイルエナメルや普通に市販で購入できるマニキュアを使って行うもので、サロンで通わなくても自分でできることも良い点です。落とすときも市販の除光液を使って落とすことができるので、とても便利です。今ではマニキュアは巷のドラッグストアやスーパーなどで誰でも手軽に購入することができます。自分で購入してきたマニキュアを使って好きなときに付けたり落としたりできるところが一番のメリットとなっています。しかしサロンで行うものと違って、乾くまでに時間がかかり衝撃を受けたらすぐに落ちてしまうこともありますので、持ちはあまり良くないといえます。そのほかジェルネイルと呼ばれるタイプのものは、サロンで最も多く行われている方法です。ジェルという紫外線を当てればすぐに乾く材質で作られているのは特徴となっています。ネイルポリッシュと比べて、長持ちするところが最大の利点となっています。強度もかなり高いので、爪の割れやすい人は補強する目的でもこの施術を行う人が多いと言われています。このタイプにはソフトとハードという二つの種類があるのも特徴です。ソフトは文字通り柔軟性があり曲げようと思えば曲がるタイプで、ハードはソフトよりも強度が高くより自然体に近い状態のものとなります。そのほかにもスカルプチュアというタイプのものは爪に特殊な加工を加え、長さを強調したり立体的に見せたりといったことができます。ネイルの種類によってもそれぞれメリットや特徴が違いますので、自分の好きなデザインを選んでみるといいでしょう。